お知らせ

ヘッダイメージ

血液製剤の在庫に関する誤った情報について

血液製剤の在庫に関する誤った情報について

 現在、輸血用血液製剤及び血漿分画製剤について不足しているという情報が各地域に出回っております。
 
 輸血用血液製剤及び血漿分画製剤については、おかげさまで多くの献血者のご協力により安定した供給在庫を維持しており、全国各地の血液センターでは医療機関からの受注に対して十分な対応が可能となっていることをお知らせいたします。

※血漿分画製剤とは、献血いただいた血液の血漿から、患者さんの治療に必要な血漿タンパク質を分離精製し集めたもので、主なものに、アルブミン製剤、免疫グロブリン製剤、血液凝固因子製剤があります。

東日本大震災に伴なう「献血に関するお知らせ」について

 日頃より日本赤十字社の血液事業にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。
 また、平成23年3月11日(金)に発生しました東日本大震災に伴い献血へのご協力をいただいておりますことを深く感謝申し上げます。皆様からのご協力によりまして、現時点におきましては、医療機関からの需要に安定的に血液をお届けできております。
 しかしながら、血液製剤は有効期限があることから、一時期に献血者が集中すると、期限切れが発生し、医療機関への安定供給に支障をきたす恐れがあります。皆様からの善意の献血を無駄にすることなく最大限に被災地の医療に活用するため、一時期に偏ることのない継続的な献血が必要でありますので、何卒ご理解のうえ、今後とも献血へのご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。


東日本大震災に伴なう「献血に関するお知らせ」について

献血に関するお知らせ

 日頃より日本赤十字社の血液事業にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。
 また、平成23年3月11日(金)に発生しました東日本大震災に伴い献血へのご協力をいただいておりますことを深く感謝申し上げます。皆様からのご協力によりまして、現時点におきましては、医療機関からの需要に安定的に血液をお届けできております。
 しかしながら、血液製剤は有効期限があることから、一時期に献血者が集中すると、期限切れが発生し、医療機関への安定供給に支障をきたす恐れがあります。皆様からの善意の献血を無駄にすることなく最大限に被災地の医療に活用するため、一時期に偏ることのない継続的な献血が必要でありますので、何卒ご理解のうえ、今後とも献血へのご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。


ホームページをリニューアルしました。

2011年3月1日、日本赤十字社 愛知県赤十字血液センターのホームページをリニューアルいたしました。
機能やデザイン面でより使いやすいサイトになっています。
よりたくさんの情報をより多くの方にお伝えするため新しい情報を更新していきます。
これからも愛知県赤十字血液センターのホームページをよろしくお願いいたします。

[PC・ケータイURL http://www.aichi.bc.jrc.or.jp/]
[サイトマップ]

リニューアル前のホームページを「お気に入り登録」、「ブックマーク」されていた方はこちらからお入りください。