お知らせ

ヘッダイメージ

秋篠宮妃殿下が「献血ルーム タワーズ20」をご視察されました。

日本赤十字社名誉副総裁秋篠宮妃殿下が11月10日(木)、日本赤十字社愛知県支部主催の平成23年愛知県赤十字大会出席のため、名古屋にお越しになられました。
大会ご出席前に、去る10月8日(土)にオープンしたJRセントラルタワーズ20階の「献血ルーム タワーズ20」を当センター髙松所長の案内でご視察されました。
献血者ひとりひとりに「ご協力ありがとうございます」「寒くなってきましたが、お体、お大事にして下さい」と労いのお言葉をかけられました。



複数回献血クラブ「会報誌」最新号アップしました。

複数回献血クラブ「会報誌」最新号アップしました。
複数回献血クラブのページをご覧ください。

http://www.aichi.bc.jrc.or.jp/club/club.html


移動献血会場「アピタ 小牧店」中止のお知らせ

9月21日(水)アピタ 小牧店で予定していました、移動献血は、台風のため中止とさせていただきます。
申し訳ございません。


血液製剤の在庫に関する誤った情報について

血液製剤の在庫に関する誤った情報について

 現在、輸血用血液製剤及び血漿分画製剤について不足しているという情報が各地域に出回っております。
 
 輸血用血液製剤及び血漿分画製剤については、おかげさまで多くの献血者のご協力により安定した供給在庫を維持しており、全国各地の血液センターでは医療機関からの受注に対して十分な対応が可能となっていることをお知らせいたします。

※血漿分画製剤とは、献血いただいた血液の血漿から、患者さんの治療に必要な血漿タンパク質を分離精製し集めたもので、主なものに、アルブミン製剤、免疫グロブリン製剤、血液凝固因子製剤があります。

東日本大震災に伴なう「献血に関するお知らせ」について

 日頃より日本赤十字社の血液事業にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。
 また、平成23年3月11日(金)に発生しました東日本大震災に伴い献血へのご協力をいただいておりますことを深く感謝申し上げます。皆様からのご協力によりまして、現時点におきましては、医療機関からの需要に安定的に血液をお届けできております。
 しかしながら、血液製剤は有効期限があることから、一時期に献血者が集中すると、期限切れが発生し、医療機関への安定供給に支障をきたす恐れがあります。皆様からの善意の献血を無駄にすることなく最大限に被災地の医療に活用するため、一時期に偏ることのない継続的な献血が必要でありますので、何卒ご理解のうえ、今後とも献血へのご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。


東日本大震災に伴なう「献血に関するお知らせ」について

献血に関するお知らせ

 日頃より日本赤十字社の血液事業にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。
 また、平成23年3月11日(金)に発生しました東日本大震災に伴い献血へのご協力をいただいておりますことを深く感謝申し上げます。皆様からのご協力によりまして、現時点におきましては、医療機関からの需要に安定的に血液をお届けできております。
 しかしながら、血液製剤は有効期限があることから、一時期に献血者が集中すると、期限切れが発生し、医療機関への安定供給に支障をきたす恐れがあります。皆様からの善意の献血を無駄にすることなく最大限に被災地の医療に活用するため、一時期に偏ることのない継続的な献血が必要でありますので、何卒ご理解のうえ、今後とも献血へのご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。