イベント&キャンペーン

ヘッダイメージ

複数回献血クラブ(メール会員)限定イベント 「チャンドラ先生のカレー作りと講演会」を開催しました

9月24日(日)豊田中日文化センターにて、複数回献血クラブ(メール会員)限定イベント「チャンドラ先生のカレー作りと講演会」を開催しました。
材料は、野菜と豆と香辛料のみ。肉や魚は使いません。
様々な香辛料を使い、参加者同士協力しながら、カレー作りを楽しんでいただきました。

チャンドラ先生によると、日本国内にあるインドカレー屋さんのカレーは、日本人向けにアレンジされたもので、本場のインドカレーとはかなり違うそうです。
今回の教室では、参加者の皆さんに、日本ではなかなか味わうことができない、本物のインドカレーを召し上がっていただくことができました。
 
最後に、コンロの上でチャパティ(インドのパン)が、大きく膨らんだ瞬間は、参加者から大きな歓声が上がりました!
参加いただいた皆さん、ぜひ、ご自宅でも本物のインドカレー作りに挑戦してみてください!


複数回献血クラブでは、今後も、会員の皆様に楽しんでいただけるような無料イベントをたくさん企画しています!
まだ、メール会員でない方は、ぜひ、会員登録をお願いします!
http://www.aichi.bc.jrc.or.jp/club/club.html




ゲートタワー26 9月の展示企画のご紹介

今月の献血ルームゲートタワー26の展示企画は、『大同大学模型部 プラモデル作品展示』です。
ものづくり王国愛知県の伝統校「大同大学」の模型部の皆さんの作品をお楽しみください。

・・・・・・・・・
『大同大学模型部 プラモデル作品展示』
<展示期間>
~2017年9月30日(土)

<協力>
大同大学模型部

<内容>
プラスチック製のおもちゃと思って侮るなかれ、市販のキットをベースにしつつも、極小のパーツひとつひとつにまで手がかけられています。細部を自作したパーツで補い、時間をかけて塗装された作品は、作家性の高い唯一無二の「作品」といえます。

見所は、天空の献血ルームゲートタワー26の青と白をイメージした「テーマ展示」です。写真の赤十字マークがあしらわれたスポーツカーは吉田部長がこの展示のために作成してくれた特別性だそうです!

また塗装で作品に命が宿るものとのことで、展示の中央には20度も塗りを重ね、まるで漆器のような艶が美しい作品が飾られています。3ヶ月に及ぶ塗りの技を体感してください。

プラモデル初心者の方のための説明コーナーもあります。実際に模型製作に使用する道具や、三体のガンダムで表現した塗りのグラデーションなど、モノづくりに興味がある方であればきっと面白いと思える展示になっています。

今回の展示では、全体を眺めるのではなく、ぜひお近くでじっくりと鑑賞していただきたいですね!

大同大学模型部twitter【 https://twitter.com/daidomokei 】









複数回献血クラブからのお知らせ メール会員限定イベント「ヨガ教室」を開催しました!

平成29年8月27日(日)に、名鉄カルチャースクール神宮前にて複数回献血クラブイベント「ヨガ教室」を開催しました。
ヨガ経験者の方もヨガ初心者の方も、講師からヨガのポーズや呼吸法を学びながら、ゆったりとした時間を過ごし、心も体もリフレッシュしていただきました。蒸し暑い季節のヨガ教室でしたが、イベント終了後は多くの方々がスッキリした表情で帰られました。
今回の教室でマスターしたヨガを、ぜひご自宅でも実践していただきたいと思います。 

愛知県の複数回献血クラブでは、メール会員の皆様に参加していただける様々なイベントを開催しております。
まだ会員でない方は、複数回献血クラブ(メール)会員の登録をお願いいたします。
登録方法は、こちらをご覧ください。
http://aichi.bc.jrc.or.jp/club/club.html

皆様のご登録をお待ちしています!






オータムキャンペーン2017開催のお知らせ

愛知県内の献血ルームにおいて、オータムキャンペーン2017を開催します。実施期間は11月1日~11月30日です。
期間中、献血にご協力いただいた方全員に2018年版「けんけつちゃん卓上カレンダー」をプレゼントします。

また、今年も空くじなしの大抽選会を開催!! 毎週水曜日に献血にご協力いただくと、「トミカ献血バス」などオリジナルグッズが当たるくじが引けます。詳しくは添付チラシをご覧ください。

皆様のご協力をお待ちしています。



サマー献血キャンペーンが開催されました。

8月5日(土)、名古屋港水族館前JETTY広場で夏恒例の愛知県学生献血連盟主催「2017サマー献血キャンペーン」が開催されました。

学生スタッフメンバー160名で、ステージイベントの取り回しや献血呼びかけ、献血受付、献血いただいた方への飲み物の提供、お子さん向けのゲームなどおもてなしのこころをもって頑張りました。

オープニングトークでは今年の愛知県学生献血連盟委員長の 松本悠里さん(名古屋女子大学3年)から「今、10代、20代の献血者が大きく減少しています。同じ世代の私たちが発信することで少しでも若い世代の協力が増えればいいなと思います。暑いですが、助け合って頑張っていきましょう。」と元気にあいさつ。
献血推進リーダーの磯谷祐介さんをメインMCに、献血大使のOS☆Uの歌やトークをはじめ、名城大学応援団、愛知工業大学ギタークラブ、金城学院大学チアリス、同じく金城学院大学冒険隊、名古屋スクールオブミュージカル&アクトほか出演いただいた皆様の素晴らしいパフォーマンスのおかげで、大いに盛り上がりました。また、当日57名の方々に献血いただきました。厚く御礼申し上げます。

朝の準備から終了後の片付けまで暑い中、イベントを作り上げた学生スタッフの皆さん、お疲れ様でした。