献血って?

ヘッダイメージ

献血って?

必要な人がいる

献血で集められた血液の90%が病気と戦う人のために使われています。


血液は人間の生命を維持するために必要な成分です。体から一定量が失われると命を落とすことになります。また、血液の持つ機能が正常に働かなくなると病気になったりします。大きなケガなどによる大量出血や血液の病気の治療には、(血液製剤=薬)が必要となります。

しかし、現在の科学では、血液を人工的に造ることはできません。また、血液は生きた細胞で、長い期間にわたって保存することもできません。このため、血液をもとにした製剤が必要な患者さんへ、いつでも十分に提供するには、健康な皆さんの献血(自らの意志で、見返りを求めずに血液を提供すること)へのご協力がたくさん必要なのです。


血液は全国で一日に14,000人分必要です。


病気やケガで、輸血を必要とする人の数は年々増え、2010年現在、1年間で120万人の人が輸血を受けています。今年1月に新成人になった人たちが約127万人ですから、新成人すべての人が輸血を受けたのと同じことになります。

また、1日平均にしてみると、約3,288人もの人が輸血を受けている計算になります。もちろん、一度の輸血は200mLや400mLではすみません。場合によっては何リットルも必要とすることがあります。どうですか?この人数の多さにピンときてもらえましたか?


献血のことがよく分かる、動画

Youtubeが見られない方は、下記からダウンロードしてご覧下さい。
献血の流れ(95.5MB)
献血された血液の流れ(74.1MB)


献血のことがよく分かる、外部関連サイト